五行陰陽とミコヤ

ミコヤの発酵スープカレーは、自然と共に変化していきます。
日本には、春・夏・秋・冬の四季があります。
春には、花々が咲き、木々たちが芽吹きます。
夏には、ギラギラの太陽が夏の野菜を輝かせます。
秋には、トンボが飛び、晩秋には稲穂が黄金に首を垂れます。
冬には、白銀の世界が命を育みます。

五行陰陽とは


中国の春秋戦国時代ごろに生まれた、陰陽説と五行説。
それぞれが、無関係に生まれた考え方が後に結合して、
今の陰陽五行説がある。

万物を司る事象は、全て、この陰陽五行で解明できる。

丸い図形に白黒の勾玉が配された、タウンアンドカントリーのマークは誰しもが目にしたことがあるだろう。

水は火を消し、火は金を溶かし、金で出来た刃物は木を切り倒す。
木は土を押しのけて成長し、土は水の流れをせき止める。
これは、いくつかある陰陽五行のひとつである。

五行陰陽とミコヤ


ミコヤでは、「身体を温める」と「身体を冷やす」を食べ物で実現しようと考えました。

実は、これは畑の野菜が私たちに教えてくれてる原理なんです。

冬野菜は、身体を温め。
夏野菜は、身体を冷ます。

本来の野菜が持ってるこの原理と、スパイスを合わせて、陰の発酵スープカレーと陽の発酵スープカレーと言った、全く別の2種類のスープカレーを作成してます。

日々変わりゆく畑の野菜に合わせて、追従していく、ミコヤの発酵スープカレーなんです。

『発酵とは』


発酵した食品を摂取すると健康になるとよくいわれます。

発酵食品には栄養素をを細かく分解し、
消化吸収する効果や食品の栄養価を上げたり、
腸内環境を整えたりる効果があります。

この中で私たちが一番注目したのは食品の栄養価を上げる効果です。


食材の1+1=3
になるように発酵をうまく使うことが最幸の願いです。

『薬膳とは』


未病という話をよく耳にします。
東洋医学は西洋医学に比べ、即効性は薄いです。

しかし体のバランスを整えたり、自然治癒力を上げたりするのに効果的です。

東洋医学でも重宝されるスパイスの力を使い、食べて頂いた方には美味しいだけではなく、健康にもなって頂きたい。

それが最幸の願いです。
お酒